記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンコク滞在編その2




おはようございます。
みつおです。
いよいよバンコク滞在3日目で、午前中は、ホテルのミーティングルームで打ち合わせを行い、深夜便で帰国です。
朝荷作りをして、お仕事も無事終了。
日本のビジネスホテルは10時チェックアウトが多いですが、海外のホテルは12時チェックアウトが一般的なので、
ゆっくり滞在出来て便利です。
今回はシェラトンなので、12時にチェックアウトして、荷物を預かってもらい、深夜便に向け、夜、空港移動前にホテルの
SPAエリアでシャワーが使えるとの事で、年中暑いバンコクでは、非常に重宝します。
仕事の後、お客様とバンコク市内を散策する事になり、まずはトゥクトゥクで移動です。
料金はドライバーとの直接交渉ですが、近場で100B(\300)も払えばそこそこの距離を案内してもらえます。
昼食は、またしてもチキンライス(タイではカオマンガイと言います)の有名店に足を運びます。
ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム/Raan Kaithong Pratunam/ร้านไก่ตอน ประตูน้ำ
"ピンクのカオマンガイ"と呼ばれていていつも沢山の行列ができますが、回転も速いので、あまり待たずに入れます。
BTSチットロム(Chit Lom)駅を出てラチャダムリ通りを北に600mなので、アソーク(Asok)駅からBTSでチットロムに移動し
ラチャダムリ通りで、タクシーかトゥクトゥクをお勧めします。
このお店、現在は日本にも出店しており、ガイトーンで3店舗あります。以前は新橋にもあったのですが、今は閉店しているようです。
基本は似ているのですが、バンコクの本店とはやはり違う気がしますので、現地で是非お試しください。
ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム
このようにいつも行列。この時は店員さんのピンクのユニフォームがプミポン国王の死去後で、黒色でした。
ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム・スープ
初めて試した鶏足などが入ったスープ。出汁が出ててうまい!
カオマンガイ
だめだめな写真になりましたが、別盛りのカオマンガイ(大盛り)を頼みます。
スープ、コーラ込みでも100B~200Bぐらいだったと思いますので、かなり満足感があります。
実は、ピンクのカオマンガイは、有名なのですが、緑のカオマンガイ(Kuangheng Moo SA Te)と呼ばれている店も近くにあるそうで、次回はそちらにも行って食べ比べしてみたいと思います。o(^▽^)o

昼食後はタクシーでSathorn (Central) Pierに移動し、チャオプラヤー川のチャーターボートに乗ります。
専用ボートで交渉し、片道なら一人400Bとの事で、ちょっと水上バスより高いですが、契約。
Wat Chalerm Phrakiet、Wat Kaenok、Wat Choenglane等のWatを川から眺める事が出来、渋滞しらずで、
快適な観光です。(所要時間:約1時間30分)
舟
帰りは、水上バスを利用し、40B/一人。安い(゚д゚)
水上バス
このあと、ラジャダムナン・スタジアム(ムエタイ専用スタジアム)に立ち寄りましたが、娯楽自粛中の為、クローズ。
外側から見学して、ホテルに戻ります。
途中渋滞や、タクシーが捕まらず、思ったより時間が掛かるのが、バンコク市内の移動です。
仕方ないので、歩きでBTSのNational Stadium駅を目指しますが、3.4kmで45分は歩く計算。
途中トゥクトゥクの車庫を見つけ、交渉し、4人で100B払うと言ったら、快く受けてくれました。
渋滞の時のトゥクトゥクは、車の間をすり抜けながら、走ってくれるので、ひやひやしますが、
不思議と事故は起こりません。約15分で、駅に到着し、17時にホテルに戻りました。
ここで、お客様は少し早い帰国便なので、お見送りし、私は深夜なので、一旦ホテルのシャワー
ルームでシャワーを浴びて、今回のバンコクの最後の晩餐を楽しみます。
ホテル近くのmkレストランで軽めに鍋?しゃぶしゃぶ?みたいな料理とビールを頼みます。
入った時は知らなかったのですが、mkレストランは日本の会社が経営しているレストラン
でした((((;゚Д゚)))))))
食事の後にスターバックスでコーヒーを飲みながらのんびりします。
21時にホテルからスワンナプーム空港へタクシー移動し、帰路便を目指します。







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。